赤ちゃんを虫歯菌からふせぐ

赤ちゃんを虫歯菌からふせぐ歯磨き

赤ちゃんが、
虫歯になる原因菌はミュータンス菌です。
赤ちゃんは、生まれたときには、このミュータンス菌を
持っていませんから虫歯にはならないのです。

 

でも、周囲・環境にはミュータンス菌を持っている人が
いるわけで、赤ちゃんとこの人たちとの接触を絶たない限りは
赤ちゃんが虫歯になってしまう可能性がある訳です。

 

 

母親が我が子にキスをしただけで、赤ちゃんに虫歯菌が移るとか
騒いでいるくらいですから、完璧に虫歯菌と遮断するというのは
相当難しいことだと思います。

 

 

我が家では、なんとか注意できても子供が保育園などに
行きはじめると、だれとどこで接触があって、虫歯菌をもらうかも
わからないし、眼もそこまで行き届きません。

 

第一、うちの子供だけ、特別ってわけに行きませんので
あまり親が目くじらたてて神経質になっても、
子育てには悪影響がでてくるだけです。

 

 

ですから、子供が虫歯菌をもらう(感染する)ことを前提として
「歯磨き」の必要性がでてきます。
感染するのを防げなかったら、虫歯になるのを予防してあげれば
いいのです。

 

 

 

ところが、赤ちゃんはこの「歯磨き」を嫌がるケースが往々にして
あるようです。

 

赤ちゃんの味覚や好みがありますからね。
また、いきなり歯ブラシを口に入れられるとビックリして
受け付けなくなったりすることもあります。

 

なので、歯磨きは最初はガーゼを使ってジェルタイプの
口に入っても安心・安全な歯磨き粉を使用してあげましょう。

 

ガーゼを使うときは、お母さんの指にガーゼを巻いてください。
赤ちゃんが誤って飲み込んでしまうこともあるからです。
また、ガーゼの繊維が口に残り飲み込んでしまうことがあるようです。
口の中をよく観察してあげてくださいね^^

 

早い子で6ヶ月から乳歯が生えはじめると言います。
そのころから、徐々に慣らすように、そっと優しく歯の周辺を
拭ってあげてください。
よく、赤ちゃんの歯磨き粉はいつから始める?という質問がありますが
子供により、ばらつきがありますが、乳歯が生えてきたころから、準備を
するという気持ちぐらいでいいのではないでしょうか?

 

歯が上下4本くらい揃ったら、やわらかい赤ちゃん用の
歯ブラシで、そっと擦るように磨いてあげましょう。
もし、嫌がるようなら、ガーゼを使って少し口に馴染ませて
歯ブラシと交互に使って慣らしてあげましょう。

 

無理やりに強制すると、二度と受け付けなくなる可能性が
高いですから、お母さんのやさしさでカバーしてあげてください。

 

 

ちなみに、赤ちゃんの味覚についてですが、
一位がマンゴー、二位 シナモン、三位 レモン
以下、ココナッツ、バナナ、パパイヤと続きます。

 

もっとも、このデータは英国のある機関が取ったデータで
外国人の好みなのかも知れませんので、日本人と合致してるか
どうかは保証できません。
いちご味のものも最近発売されています

 

赤ちゃんの嫌いな味覚は辛み、苦味、酸味なのだそうです。
苦手な食材はピーマン、ジャガイモ、カボチャだそうです。

 

 

 

赤ちゃん用の歯磨き粉については、
赤ちゃんは自分で口をゆすげませんし、ほとんどの場合は
呑みこんでしまうことが多いようです。

 

だったら、虫歯菌が胃とか腸などの消化器系に入ることも
気掛かりなんですが、それ以上に歯磨き粉の成分が気になる
ところです。
研磨剤とか合成着色料とかフッ素とか大人用の歯磨き粉には
入っていそうなものを赤ちゃんには避けてあげてください。

 

赤ちゃんを虫歯菌から防いであげられるのは
お母さんやお父さんです。
成分表示が明確で上記のようなものが入っていないジェルタイプの
歯磨き粉(ジェルなのに粉?)やパウダー状のものにしてあげてくださいね。